We are the quantum resonance magnetic analyzer supplie,please contact us to get the quantum resonance magnetic analyzer price and quantum resonance magnetic analyzer software.

How to use the Japanese4.6.0 量子共鳴磁気アナライザー

How to use the Japanese4.6.0 量子共鳴磁気アナライザー

Quantum Resonance Magnetic Analyzer

How to use the Japanese4.6.0 量子共鳴磁気アナライザー ー

人体は、膨大な量の細胞の集合体です。細胞は、継続的に発生・成長・分裂・再生・壊死をしており、細胞は、細胞分裂を通じて絶えず自己再生します。成人の体で毎秒2,500万個の細胞が分裂され、体の血液細胞は、1分あたり約1億個の割合で絶えず一新されています。細胞分裂と成長の課程で、細胞の元となる原子を構成する原子核及び核外の電子の帯電体は、絶えず早い速度で運動と変化をしていますので、結果として電磁波を常に放出します。


人体から放出された電磁波は、健康・未病・疾患など人体状態により異なり、人体の特定の状態を表しています。放出された電磁波信号は、こういった特定の電磁波信号を分析することができれば、ボディライフの状態を特定することができます。


量子医療は、病気になる最も基本的な理由が原子核外の電子のスピンと軌道変更にあるとみなしています。その結果、物質を構成する原子の変更・大小の生体分子の変質、全ての細胞の変質が起こり、最後に器官が変質されます。電子は、帯電体であるために、原子核外の電子のスピンと軌道が変化すると原子から放出された電磁波が変更されます。人体の疾患や栄養状態における物理的変化が起因となり変更された電磁波エネルギーは、極めて弱くて、通常はわずかナノガウスからマイクロガウスです。直接測定又はセンサーを使い、毛髪の弱磁場の周波数とエネルギー疾患の標準量子の共鳴スペクトルと同装置で周波数とエネルギーが増幅されてからパソコンでの加工を経て、同装置に表示された営業指標と比較すると同装置に挿入された栄養素指標と比較すると、陰性から陽性に移行する対応量子値が出力されます。 量子値のサイズは、疾患と栄養素水準の性質と範囲を示唆しています。最終的にテストの結果は臨床医によって診断されます。例えば、癌細胞は通常の細胞とは異なり、放出された電磁波も通常の細胞から放出されたものと異なります。腫瘍を検査している量子共鳴は、癌細胞の標準波を検体に伝えます。人体に癌細胞があると、共鳴が起きて同装置は信号を検出します。癌細胞の数が増えるほどに信号は強くなります。また、量子値は陰性値になる傾向があります。癌細胞がない場合は、共鳴は起きず、量子値は正値になる傾向にあります。これは、ラジオから放送を聴く仕組みに似ています。ラジオ放送には数多くの電波があります。あるラジオ放送を聴きたい場合は、番組に対応する周波数にチューニングすると、放送を聴くことができるようになります。量子共鳴は、実験用にこの仕組みを用います。


We are quantum resonance magnetic analyzer|quantum resonance magnetic analyzer price |quantum resonance magnetic analyzer supplier| quantum resonance magnetic analyzer softwaer,manufacturers in US.Unified Wholesale price.Welcome to inquiry and OEM.

Have any question, Please enter the form below and click the submit button.


*
*
*
*
4 + 4 = ?
Please enter the answer to the sum & Click Submit to verify your registration.

Related Items